東雲湖トレッキングを終え、平野部に下りて変形交差点を左に曲がると北海道道35号本別新得線、現在の国道274号に入ります。この辺りは、東ヌプカウシヌプリと西ヌプカウシヌプリが夫婦山と言われるように並んで見えるビューポイントになっているようですが、一度も目にしたことがないです。

直線道路の両側に圃場と防風林が次々に現れるので視線は自然と前方に固定化し、丘を越える風な高低差があるような上り坂が見えてきたところで、わざわざ停まって写真を撮ったのでした。苫小牧と道東の間のメインルートとしてこの道を走った5、6回ほどのうち、停まったのはこの時だけです。

この写真を撮った前日は、フェリーで苫小牧に着き、日高国道(国道237号)と樹海ロード(国道274号)で日高山脈を越えた後、旧道道735号清水鹿追線、旧道道35号本別新得線、旧道道726号鹿追糠平線を使って清水町から美蔓パノラマパークを経由して宿泊地の然別湖北岸野営場まで。

1987年8月の走行ルートは、宿泊地が帯広市だった1984年10月の走行ルートとほぼ同じです。1984年の時も1987年の時も翌日に東雲湖に行っており、この直線道路が国道241号(足寄国道、阿寒横断道路)を経由した道東へのアプローチになっていました。

道の先は本当に「丘」なのか?問題

東雲湖がある山地から平野部に下りてくる途中、西ヌプカウシヌプリの麓にある扇ヶ原展望台から撮った写真(1991年)では、直線道路がある南方向に麓から圃場のところまで丘陵が続いているように見えます。

然別湖南側の西ヌプカウシヌプリや東ヌプカウシヌプリから扇ヶ原、陸上自衛隊然別演習場、そして直線道路辺りまでの範囲の地質は、20万分の1日本シームレス地質図を見ると「新生代 第四紀 後期更新世」の地質時代(12万6000年前から1万1700年前までの期間)に形成された「火成岩」です。

この範囲の「火成岩」のもとになったマグマは、20万分の1日本火山図を参照すると、然別火山群のうち西ヌプカウシヌプリ、東ヌプカウシヌプリ、天望山、白雲山などから構成される新期の溶岩ドーム群の火山活動によるものと思われます。

溶岩ドームの火山活動過程において山体崩壊が起こり、岩屑なだれや火砕流、土石流が発生してその南側斜面に火山噴出物が広く堆積したと考えられます。この山体崩壊堆積物は直線道路を部分的に覆っていて、直線道路の1本北側の道路のストリートビューを見ると丘地形になっていることがわかります。

関連する他の二輪旅写真

東雲湖は周囲約800[m]の小さな湖、別名「東小沼」。空一面の雲が太陽光を遮っているせいか、湖面は青く見えず、周囲の広葉樹、針葉樹、クマザサなどはくすんだ緑色。その色が湖面に反射している。

「東雲湖」へ3年後の夏再び

1987年8月11日早朝、2回目の東雲湖へ。1984年10月時の革ツナギにバイク用ブーツという重装備から一転し、ジーンズにTシャツとジャケット、足元は運動靴というツーリング中とは思えない普段着だったため、所要時間は往復約2時間。今回も誰にも会うこと無く、東雲湖を独り占め。ガレ場でシマリスと遊んできました。

美蔓パノラマパークからは十勝平野の段丘と遠くに十勝のやまなみが見えるのですが、曇り空なのか雨なのか、それとも明暗差が大きくて白飛びしたのか真っ白で、十勝のやまなみは全く見えません。

十勝の田園風景「美蔓パノラマパーク」

道入りのほとんどはフェリーで苫小牧だったので、道東へ行く場合、日高国道(国道237号)と樹海ロード(国道274号)で日高山脈を越えた後、国道38号ではなく道道735号(現在の国道274号)を走ることが多かったです。その道道の途中にあった駐車スペースが「美蔓パノラマパーク」。ここでよく休憩しました。

1984年10月、扇ヶ原を見下ろす展望台から十勝平野を望む。太陽の光がいかにも秋らしく、澄んだ空気、青い空と雲。扇ヶ原の先に続く十勝平野は、ただただ広い。

十勝平野を一望「扇ヶ原展望台」

1984年10月5日、西ヌプカウシヌプリと東ヌプカウシヌプリの南山麓に広がる「扇ヶ原」に通された鹿追糠平線を走る。標高を上げても視界は両脇の木々に邪魔され、眺めが良い場所は扇ヶ原展望台くらい。それは川と火山によって作られた扇状地の扇の要に近いところにあって、十勝平野や日高山脈を一望する絶景となるかは天気次第。

ほげほげ

「双岳台」から見た雄阿寒岳

1984年10月5日、この日は然別湖近くの駒止湖あたりで一瞬雪が降ってきたほどの寒さで、東雲湖トレッキングを終えて、昼過ぎの最初に見つけた電話ボックスから摩周湖近くの Y.H. に予約を入れました。日が傾くと急に冷えてくるためで、オンネトーや阿寒湖にも寄らないで約3時間走ったのでした。