富良野八幡丘の「春よ来いの木」は無名の木でいい

はじめに
現在は無くなってしまった八幡丘の「赤い屋根の家」から1[km]ほど富良野市方向へ走ると、左側に牧草地の中の1本の木が目に入ります。最近では「春よ来いの木」とか「八幡丘ツリー」などと呼ばれているようですが、無名の木が見てきた変わり様を思い巡らします。

1986年夏。『北の国から』は本当に知らなかったので、中の沢小学校分校のロケ地だった八幡丘会館を通過。すぐ左側、牧草地の中に1本の無名の木がありました。後年『北の国から』を観たところ、オープニングに出ていましたね。ところで、なぜ農地や牧草地の中に木が1、2本残るのでしょうかねぇ。

富良野八幡丘の無名の木 - 1986年

画像非表示の場合:Cookie の使用に関する 同意の更新 から 同意/拒否 選択バーを表示 ⇒ 同意 ⇒ 再読み込み

1984年秋、麓郷の「メルヘンの木」を見た後、八幡丘を経由して富良野市街に戻るつもりでした。現在のハートヒルパーク展望台付近から見えた富良野市街は100[m]下。勾配6~7[%]のダートの下り坂をオンロードバイクで走るにはリスクが高く、引き返したのでした。

北海道の道ですから、景色はとても速く流れていきます。「赤い屋根の家」と呼ばれる納屋のように見えた建物と2本の木のことは気付きましたが、写真の木はスルーでした。

1986年夏、牧草地の中に立つ1本の木。地理院地図で見ることができる空中写真を見ると、少なくとも1977年以降は、道道253号から真っすぐ見た場合、1本の木になっていたことが確認できます。

1960年代は道路に面して家と思われる建物などが数棟あって、その建物は林に囲まれ、林の先は開拓地になっており、林と開拓地の境界には1本の木を確認できます。1967年から1977年の間に建物と林は無くなり、無名の1本の木を撮影する人が少しだけ現れるようになりました。

Cookie の使用に関する