秋の「東雲湖」は歩いてでも行く価値あり

はじめに
1984年秋、東雲湖へ然別湖湖畔の道を歩いて行きました。然別湖を走る観光遊覧船が見えたものの、船着き場に降りた人はいなかったようで、東雲湖を独り占め。後年、船着き場は撤去され、東雲湖へのアプローチは「歩き」か「人力の船」の二択。秘湖に相応しい「東小沼」でした。

旧道道85号線沿いにある白雲山と天望山の登山道入口から然別湖湖畔を歩くこと約1時間30分。別名「東小沼」と言われるとおり、周囲約800[m]の小さな湖。湖面の一部が茶色に見えているのは、湖内に植物が生えているから。紅葉は既に終わり、残っている広葉樹の葉も茶色。撮影側は斜面に岩がゴロゴロあるガレ場、対岸は草原のように見えるがクマザサ。1984年10月5日撮影。

西側ガレ場から見た「東雲湖」- 1984年

画像非表示の場合:Cookie の使用に関する 同意の更新 から 同意/拒否 選択バーを表示 ⇒ 同意 ⇒ 再読み込み

1984年当時の道道85号線を然別湖畔温泉から鹿追町の方へ湖岸沿いに約1.5[km]ほど行くと、左手側(湖側)に車数台が駐車可能なスペースがありました。そこは白雲山と天望山の登山道入口で、東雲湖へは山頂を経由しても行けるし、山を登らずに然別湖の湖畔の道を行くこともできます。

現在は、然別湖畔温泉からすぐの湖岸沿いの道をショートカットする湖畔トンネルを抜け、そこから約550[m]先で旧道に入り、然別湖から流れ出るトウマベツ川(然別川)に掛かる小さな白雲橋を渡るとすぐ左が登山道入口です。

その日は駒止湖(西小沼)あたりで一瞬雪が降ってきたほどの寒さで、革ツナギの下には昨日帯広で買ったタイツとトレーナーを着こみ、首にマフラーを巻き、手は軍手の上にグローブをして、さらに革ジャンを着ても、バイクを走らせると寒いものは寒い。

登山道入口の駐車スペースにバイクを置いて、革ツナギにバイク用ブーツというトレッキングには向かない服装で東雲湖に行ったのですが、直接の連絡道路が無いため仕方がありません。夏にもバイク用ブーツで海岸沿いを念仏トンネルを通って積丹・神威岬まで歩いたので、問題無いでしょう。

登山道入口から湖畔の道を10分ほど歩いたところから然別湖畔温泉の方を見る。湖畔は紅葉、山々は冬の訪れが近くなっています。湖面は風で波が立ち、寒い感じが伝わります。1984年10月5日撮影。

秋色の「然別湖」- 1984年

画像非表示の場合:Cookie の使用に関する 同意の更新 から 同意/拒否 選択バーを表示 ⇒ 同意 ⇒ 再読み込み

湖畔の道の状態は、道幅が狭い以外は普通に森の中の遊歩道という感じで、東雲湖までの所要時間は登山道案内板の表示によると1時間45分。途中で観光遊覧船が然別湖面を走るのが見え、東雲湖まであと少し(約700[m])のところに船着き場があって、「えぇーっ」と思いましたよ。

当時は然別湖畔温泉から観光遊覧船に乗り、この船着き場で降りて、東雲湖まで徒歩約20分で行くことができたのですね。この時は、船着き場と東雲湖の往復で誰とも会わず、エゾシカが「何よ、あれ」というような感じでじっとこちらを見ていただけでした。

観光遊覧船が東雲湖近くの船着き場を利用しなくなった理由は、湖を訪れる観光客の数を減らし、湖西側斜面のガレ場(岩塊斜面:多くの岩が斜面を流れているかのようにゴロゴロしている独特な地形)に生息するナキウサギを保護するためらしい。

ナキウサギを見たくて、鳴き声が聞こえないかと耳を済まし、どこかに気配が無いかと目を皿のようにすること30分。ミズゴケ類とカラフトイソツツジ?に覆われた岩と岩の隙間(風穴)の前にシマリスが現れただけでした。警戒心が無く、目の前に人間がいるのに逃げもしない。1984年10月5日撮影。

東雲湖の西側ガレ場に現れたシマリス - 1984年

画像非表示の場合:Cookie の使用に関する 同意の更新 から 同意/拒否 選択バーを表示 ⇒ 同意 ⇒ 再読み込み

ナキウサギは、日中に数回、岩と岩の隙間の穴から地上に出て採食するので、1、2時間か2、3時間、はたまた3、4時間静かに待てば姿を見せることがあるかもしれない。お腹が減ったら出てくるようです。

同じガレ場に生息している「お隣さん」のシマリスがチョロチョロしていたので、ナキウサギは姿を隠していたのではないかと思われますが、動物の鳴き声らしき音も聞こえなかったですし、そう簡単には見つけられないということですね。

3年後の夏、再度訪れました。あいにくの曇り空で、眠っているような緑です。今回もナキウサギの姿を見ることができませんでしたが、人懐こいシマリスに癒されました。1987年8月撮影。

夏の「東雲湖」- 1987年

画像非表示の場合:Cookie の使用に関する 同意の更新 から 同意/拒否 選択バーを表示 ⇒ 同意 ⇒ 再読み込み

Cookie の使用に関する